クラスTシャツで一致団結

クラスTシャツで一致団結 クラスTシャツとは、文化祭や体育祭などの学校行事でクラスおそろいのデザインで作ったTシャツのことです。
最近の中学生や高校生にとっては、学校行事でこのクラスTシャツを作ることが当たり前になっています。
クラスみんなで世界にひとつだけの特別なおそろいのTシャツを着ることによって、さらにイベントが盛り上がっていくのです。
 Tシャツを一から自作することはなかなか難しいですが、今ではこのクラスTシャツを作るための業者もたくさんあります。
価格設定も分かりやすく、持ち込んだデザインをそのままTシャツに印刷してもらえるので、学生たちにとって欠かせない存在となっています。
一般的にはデザインに使う色の数などによって価格に差が出てくることがほとんどです。
 また、業者に頼まずに自分たちで作りたいという学生たちももちろん多くいます。
その場合は、安い無地Tシャツに布ペンで直接デザインを描きこんだり、アイロンで転写できるタイプを使って加工する方法などがあります。
業者で作成した時と比べると粗は目立つかもしれませんが、作成段階から協力することでさらにクラスで一致団結して盛り上がることは間違いありません。
形に残る思い出として、クラスTシャツは学生たちにとって定番のアイテムとなっています。

名前を付けないクラスTシャツを考案する集団は賢い

学習者には個人を識別するために付与された名前があるために、授業を円滑に進められたり校外活動で役割分担が容易になっています。
現代の生活で名前が不明であれば、いろいろと不便を強いられます。
クラスTシャツに袖を通す場合でも後ろ姿から生徒の正体を判別できるために、背面部分に印字する取り組みは所々で確認することが可能です。
初めて来校した人物からしてみれば、声援を送る折にクラスTシャツのおかげで名前が判明すれば呼びかけやすさが向上します。
一方でクラスTシャツにあえて個人を特定できる情報を印字しない集団もあるので、全ての生徒が同じように取り組む可能性は薄いです。
クラスTシャツに付け加えないのは、納品までの間に急きょ名前に変更が生じる人物が少なからずいるからに他なりません。
両親が仲違いするなど、要因はさまざまあります。
すでに使えなくなった情報が大々的に表示されていれば、周囲の着用者は気まずい気持ちに陥り集団の輪が乱れる結果につながります。
当の本人にしてみても、心機一転するつもりが過去にとらわれる一品に袖を通さなければいけません。
確率としては低いものの、先のことまで考えている賢い生徒は慎重に判断を下します。


クラT制作関連サイト

創業38年老舗のオリジナルウエアプリント、クラT製作専門店

クラT製作